ファイナンシャルプランナーとは

個人の財政をサポートする「かかりつけ医」のような存在です

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、一般個人が生活していく上で財政面のアドバイスをしたり、その計画をプランニングする専門家のことです。

誰しもおカネのことを抜きにして生活していくことはできません。そしてより前向きな暮らし方をしたり、計画性ある人生を過ごすには、とくにお金の問題についてはきちんと把握をし、適切な対応をすることが欠かせません。
ファイナンシャルプランナー(FP)は、そのような観点から、多くの個人、ご家族をサポートするファイナンスのスペシャリストとして活躍します。

日本でもファイナンシャルプランナーの認識度はようやく定着してきた感があります。本場の米国では、ファイナンシャルプランナー(FP)、個人に必要なアドバイザーとしてかかりつけの「医者」のような存在として認知されています。

経済全体が低成長時代に入り、自己責任が強くいわれるようになった今日、貯蓄・保険・財産管理・運用、そして投資の面などトータルにサポートするファイナンシャルプランナー(FP)のニーズは、今後ますます高まっていくことでしょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)として活動する魅力は、まさに「かりつけの医者」のように、お客様の状況を深く把握した上で、問題解決できることですが。

ドクターの場合ですと、病気やケガに対する「予防」・「治療」のみが役割になりますが、ファイナンシャルプランナー(FP)の場合は、顧客の財政状況を把握しケア(予防・治療)した上で、そのお客様の将来的な夢や希望までサポートすることができます。

たとえばそれは、マイホームやマイカーを購入する、お子さんを無理なく最高学府まで進学させる、老後年一度の海外旅行を楽しめるゆとりの創出、などなどです。

FPはまず相手の人生の目標や夢を確認し、実現可能かどうか様々な面から ライフプランを提案していきます。

そしてライフプランを提案するだけではなく、提案後のプロセスにも時折立会います。一度ご縁のあったお客さまを、5年・10年長い年月をかけサポートできるのがFPの魅力。10年後にはきっと、あなたをドクターのように頼りにしてくださるお客様が無数に形成されていることでしょう。

FP2級試験はDVD学習で突破しよう!→http://fp-tsusin.com/

<< 前のページ次のページ >>