FP2級の合格率と難易度

試験範囲は広範ながら、高合格率の国家試験

このページでは、FP2級試験(日本FP協会)の合格率の観点から、試験の難易度を理解していきたいと思います。それではさっそく、過去の試験データから見てみましょう。

■学科試験

 

合格率

2013年1月

28.05%

2013年5月

47.81%

2013年9月

40.95%

2014年1月

31.46%

2014年5月

43.40%

■実技試験

 

合格率

2013年1月

57.30%

2013年5月

58.63%

2013年9月

48.51%

2014年1月

59.94%

2014年5月

62.28%

■学科+実技試験

 

合格率

2013年1月

30.09%

2013年5月

43.18%

2013年9月

37.48%

2014年1月

32.59%

2014年5月

41.82%

合格率は、学科と実技によって異なります。傾向としては学科試験よりも実技試験の方がやさしいというのがあります。

学科試験と実技試験を均して合格率を計算しますと、約25%~30%くらいです。
ちなみに前のページでFP2級と難易度を比較した、宅建の合格率は15%~20%くらいです。合格率で比べてみると、難易度は、宅地建物取引主任者(やや難)>FP2級という構図がよくわかります。

またこれは国家試験の全般にあてはまることですが、国家資格は合格率10%以下の資格が難関資格(S・Aランク)。反対に合格率が20%超える資格はそれほど難しい資格ではないとされています(C・Dランク等)。

FP2級の合格率は25%~30%で、難易度はCランク上位です。
そして保険会社・証券会社・銀行などの営業の現場では、FP2級の知識は、非常に役立つスキルに位置づけられています。

そこから導き出せる答えはやはり「FP2級の試験は、難易度はそれほど高くないけれど、活用度は非常に高い」というものです。

ただ、金融機関にお勤めをしていない方で、FP2級の資格を目指すみなさんには、ひとつアドバイスがあります。
それはFP2級試験の受験の多くは、すでに銀行や保険会社に勤務をする社員であるということです。彼らは皆、FP2級の試験準備をする前から、ある程度の金融知識を持っています。
そのことが、FP2級試験の合格率を比較的高い数値にしていることも、頭の片隅に置いて準備をするようにしてください。

お薦めのFP2級講座

第1位 フォーサイト
業界初の通信講座専用ハイビジョンスタジオで収録した、迫力あるDVD講義が魅力です。基本テキストも4色フルカラーで見やすく作られており、金融の基本知識も楽しく覚えられます。
フォーサイトの詳しい情報はこちら→ http://fp-tsusin.com/

第2位 TAC
基礎力の徹底指導に定評ある専門学校です。「通学」でファイナンシャルプランナーを目指す方への一押し校です。
TACの詳しい情報はこちら→ http://www.tac-school.co.jp/

第3位 ユーキャン
CMでもでもおなじみの生涯学習の通信講座です。イラストや図表を多用した教材には、わかりやすく学べる工夫が満載されています。
ユーキャンの詳しい情報はこちら→ http://www.u-can.co.jp/

<< 前のページ次のページ >>