FP試験制度を整理してみよう

FP技能士、AFP・CFPを整理してみる

FP2級試験の難易度を知るには、まずファイナンシャルプランナーの試験制度を整理してみる必要があります。

FP試験機構全体のなかで、最もニーズの高いFP2級資格は、1級や3級と比べどのような差があるか。またAFP・CFP資格に対してどのような位置づけにあるのか。それがわかると、FP2級のことがよくわかるようになります。

以下のことを把握してください。
(1)FPの試験は2つの団体で行われています。それは「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」(通称金財)の2つです。

(2)FP資格には、国家資格と民間資格の2つある。
国家資格としてのFP資格は「FP技能士」と呼ばれています。民間資格とは、日本FP協会の認定資格、「AFP」、「CFP」のことです。

簡単なマトリックスにしてみます。

試験団体

国家資格

民間資格

日本FP協会

FP技能検定(1級、2級、3級)

AFP、CFP

金財

FP技能検定(1級、2級、3級)

×

と整理できます。FP技能検定とAFP、CFP資格の関係ですが、これについては、
「日本FP協会でFP2級を取得する人はAFPも取得する」
「日本FP協会でFP1級を取得する人はAFPも取得する」
と理解しておくと、ほぼ正しい認識になります。

さて、試験団体の金融財政事情研究会(金財)と、日本FP協会のちがいを解説しておく必要がありそうです。

金財は日本のファイナンシャルプランナー資格の礎を作った社団法人です。FP資格は金融業界で幅広く役立てることができますが、いまも銀行マンは金財の試験へと向かう傾向があります。これは慣習的なことが理由と理解していただければ結構です。

その他の金融機関、つまり生命保険・損害保険・証券会社や、不動産業界で好まれているのが日本FP協会の試験です。顧客の信頼獲得につながるAFP、CFP資格が、日本FP協会でしか取得できないのがその理由です。

この先のページで詳しく紹介していきますが、FP2級+AFP取得を目指すみなさんは、自動的に日本FP協会の試験を受けていただくことになります。

FP2級試験はDVD学習で突破しよう!→http://fp-tsusin.com/

<< 前のページ次のページ >>