トップページ

人気ランキング上位が不動の「個人資産運用資格」
FP2級の難易度と試験対策

個人のライフプランに応じた資産設計をアドバイスする専門資格のファイナンシャルプランナー(FP)。資格を活かした働き方を志向する人が増える中でも、常に人気ランキングの上位にランキングされているのがFPの資格です。

しかしはじめてファイナンシャルプランナー(FP)の情報に触れる方には、試験の仕組みや難易度などご不明なことも多いことでしょう。

そのひとつが、FP2級の難易度に関する戸惑いです。
FP2級は、銀行員にも取得が奨励されている・・・難易度すごく高い!?
おカネの勉強をするために、FP2級を目指している主婦も・・・難易度高くないの!?

このことが誰もが疑問に思ってしまう最大要素です。

またファイナンシャルプランナー(FP)には資格の種類が多いことも、初学の方が戸惑ってしまう理由のひとつです。
試験団体も複数あります。またファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)と呼ばれる資格のほかに、AFP、CFPなどの聞きなれない言葉も出てきます。

他の資格試験とは異なり、初めのうちは理解の整理がしにくいのが、ファイナンシャルプランナー(FP)資格です。

当サイトは、それについてしっかり整理してみました。
FP2級の試験がどの程度の難易度で、FP資格全体のなかでどのように位置づけられる価値ある資格なのか、詳しく理解していただきたいからです。

要点を先に言ってしまえば、FP2級はそこそこの難易度にもかかわらず、多方面に活かせる資格です。資格ランキングの上位に位置する相応の理由があります。

詳しく解説しています。ぜひ最後までお読みになってみてください。

次のページ >>